Tシャツの洗い方と干し方・首回りの伸びやヨレを抑える方法を解説

Tシャツの洗い方と干し方について解説しています。Tシャツは、洗濯を繰り返すことで首回りが伸びてしまったり、ボディ全体がヨレてしまったりすることがあります。しかし、ヨレや伸びは洗い方や干し方次第で防ぐことが可能です。ただ洗濯機に詰め込んで洗うのではなく、工夫一つで驚くほどTシャツはきれいに洗いあげることが可能です。

Tシャツは洗い方と干し方次第で長持ち

Tシャツは、洗濯を繰り返すことで首回りが伸びてしまったり、ボディ全体がヨレてしまったりすることがあります。しかし、ヨレや伸びは洗い方や干し方次第で防ぐことが可能です。洗濯機に詰め込んで洗うだけでは、どんなにクオリティの高いTシャツでも寿命は短くなってしまいます。ここからは、洗濯の際にちょっとした手間をかけるだけで、伸びやヨレなくTシャツを仕上げる方法をご紹介します。

Tシャツの洗い方

Tシャツを何も考えずに洗濯機の中に放り込んでいては、洗濯を繰り返すごとに首元の伸び、ボディのヨレや裾の伸びなども進行していきます。使い捨て気分でTシャツを着ているならともかく、お気に入りのTシャツは長く着用したいもの。洗濯にちょっとした手間をかけるだけで、Tシャツの寿命はぐんと延びます。

Tシャツは基本、洗濯機で洗う

洗濯にかけるちょっとした手間。これは「手洗い」を意味するわけではありません。確かに手洗いの方が洗濯機よりもやさしく洗えそうですが、実際、皮脂汚れを洗い落とすことを考えると洗濯機に分があります。汚れが目立つとパートには洗剤を直接かけ、ブラシで少し汚れを擦ってから洗濯機に入れます。

ただし、Tシャツに付属している洗濯表示タグは必ず確認してください。ほとんどのTシャツは洗濯機で洗えますが、装飾の付いたTシャツの場合、おしゃれ着のように手洗いしなければならない場合もあります。

Tシャツの洗濯手順

洗濯表示を見て、洗濯機での洗濯が可能かどうか確かめます。ほとんどのTシャツが洗濯機洗いに対応していますので、洗濯洗剤、柔軟剤を用意すれば、すぐに洗濯を始められます。デリケートなプリントや装飾品が付いている場合は、洗濯ネットを用意するといいでしょう。

・洗濯手順

1.目立つ汚れがないか確認し、もしもあるようなら洗剤をかけて前処理します

2.プリントされているTシャツは裏返しにして、また装飾が付いた‘Tシャツの場合はネットに入れて洗濯機を回します。

3.柔軟剤は自動投入口へ入れ、脱水時間は短めにセット。洗剤投入。可能であればやさしいモードを選んで洗濯を開始します。なお、二槽式の場合、柔軟剤はすすぎのときに投入します。

普通のTシャツでもネットは使用してOKです。摩擦が抑えられるので毛玉ができるのを防げます。漂白剤はプリントの変色や色移りを招く危険性があるため、1枚で洗うとき以外は使用しません。また、大切なTシャツには、高級なおしゃれ着用洗剤を使ってもいいでしょう。装飾の多いレディスTシャツの洗濯には特にオススメです。

Tシャツの干し方

洗濯後の干し方により、Tシャツの首回りや裾の伸び、ヨレはある程度防げます。ちょっとした手間だけで、お気に入りのTシャツを長持ちさせましょう。

・太めのハンガーに干す

肩に当たる部分に厚みがあり衣服がずれにくいハンガーは、Tシャツを干すのに適しています。もちろんTシャツ以外の衣類にも使えますので探してみてください。細いハンガーの場合は、タオルを巻くと同じように使えますのでお試しください。

・干し方を工夫

ハンガーに洗濯ばさみをセットして、Tシャツの裾を挟んで逆さにして干すと、首回りにテンションがかからないため、伸びを抑えることができます。ただ、ある程度乾かした後、通常のやり方でハンガーに掛け、形を整えましょう。

・首回りを輪ゴムで絞る

ハンガーに掛けると、Tシャツのボディは下方向に引っ張られる形になります。そのため肩部分がずれやすくなり、伸びてしまうのです。干す際に首回りに輪ゴムを2~3回程度巻くと、伸びを抑えることができるので試してみてください。きつく巻いてしまうとシワができてしまって逆効果になります。

・平干しが一番

首回りの伸びやボディのヨレを防ぐのにもっとも効果的なのは平干しです。ただ、平干しはスペースをとりますので、バルコニーの状況によってはできない場合もあります。

Tシャツの首回りが伸びた場合の直し方

Tシャツは洗い方と干し方次第で伸びやヨレを抑制することができるのですが、すでに伸びたりヨレたりしているTシャツについてはどうしたらいいのでしょうか?実は、完全とは言えませんが、直す方法はありますのでご紹介しましょう。

・乾燥機にかける

首回りの伸びの原因は、干している間に生地が片方向に引っ張られ、編み込みに隙間が生まれること。これを修正するには乾燥機が効果的です。ボディの形を整えた状態で乾燥機に入れると、生地が収縮することにより、首回りが元の状態に戻る可能性があります。

・アイロンを使う

ご自宅や近所に乾燥機がない場合は、アイロンを使って首回りを直す方法もあります。Tシャツをアイロン台の上にセットし、形を整えます。ボディを上方向に引っ張りながら整えるイメージです。首回りが元の形になったらスチームアイロンを当てることでその形に固定します。

Tシャツの洗濯時や保管時に気をつけること

ご紹介してきたように、Tシャツは洗濯と干し方に少し気を遣ってあげるだけで長持ちさせることが可能です。しかしもう一つ注意すべきことがあります。それはTシャツの保管方法です。保管方法にも気をつけることで、お気に入りの1枚を末永く着ることができるでしょう。

直射日光に当てない

Tシャツを日当たりのいい場所に保管するのは避けましょう。直射日光はボディの色あせにつながります。これは紫外線の影響によるものなので、干しているときも注意が必要。特に夏場は陰干しがオススメです。

洗濯に使う水は適温で

洗濯で使う水は、高温の方が汚れ落ちがいいのですが、その反面、ボディからの色落ちを招くことがあります。特にカラーのついたボディ、プリントなどは色落ちしやすくなるので注意してください。

長い時間洗いすぎない

洗濯に時間をかけすぎるのはよくありません。Tシャツのボディに使われている染料が落ちる可能性があります。

漂白剤の使用は避ける

漂白剤は色あせの原因となります。汚れが目立つ場合は、洗濯機に入れる前に洗剤、もしくは固形石けんをつけてブラシなどで擦っておきましょう。

大切に洗って、きれいに着るだけがTシャツではない

ここまでTシャツの洗い方や、首回りの伸び、ボディのヨレを直す方法などについてご説明しました。しかし、Tシャツはラフに、そしてお手軽に着られることも魅力です。そうして着倒すことにより生まれる味わいが、なんとも魅力的なのです。Tシャツをセルフリメイクして楽しんでいらっしゃる方の中には、Tシャツ自体にハサミを入れるダメージ系の着こなしを好む方もたくさんいます。デニム同様、Tシャツもダメージ加工された新品が販売されています。しかし、日常生活の中でナチュラルにダメージを受けたものとは味わいが違うのです。Tシャツを大切にすることは当然として、やはり「着る」ことで独自の味わいを出したいものです。ボディの伸びやヨレも、時として味わいになります。長い間、大切に着たTシャツにも当然、味わいがにじみ出します。きれいに着るだけがTシャツではないのです。